飯田橋・猫背

【猫背は治ります!!】

こんにちわ!!

OTA整体院の太田です。本日は「猫背」について書きたいと思います。

近年ではパソコン、スマートフォンの普及により前かがみになり仕事をする方や小さい画面のスマートフォンを目の近くで長時間、映画を見たりSNSなどをやって首こりや肩こり・腰痛などの症状を訴える方が増えてきました。

皆さんはパソコン肩(内肩)顔が前に出てしまっていませんか?

まずは猫背になると何が問題なのかを説明していきます。

・何もしていなくても首こりや肩こりがでて仕事に集中できない。

(はい!その通り。通常,肩には頭10キロ、両腕2,5キロという負荷が常にかかっています。これが首が前に出たり肩が前に出たりすることで肩にかかる負荷が15キロにも20キロにもなります。当然、肩や首に過度の負荷がかかることで血行不良により「こり」ができてしまいますよね。)

・頭痛がする

(はい!その通り。上記に説明した事により肩こりや首こりが悪化してくると脳への血行不良もおこり「貧血・頭痛」などがでてきてしまいます。)

・呼吸が浅くなる

(はい!その通り。猫背になることで呼吸に一番、携わる筋肉「横隔膜」がきちんと機能しなくなり呼吸をする時の「吸う時」にきちんと酸素を吸いきれず呼吸が浅くなってしまいます。自律神経を唯一ご自身に操作できるのは「深い呼吸」ですのでその呼吸が浅いということは自律神経にも影響がでてしまいます。

・見た目、スタイルを良くみせたい。仕事ができる人に見られたい。

(はい!その通り。猫背ですとまず見た目が悪くなります。女性ですと身長が低く見えたり胸が小さく見えてしまったりします。猫背の状態で身長を計ると例えば150センチだったのが背筋がピンっ!と伸びた状態で計ると153センチくらいにはなります。よく当院で矯正後に「身長が伸びた」とおっしゃる方がいますが伸びたんではなく元々その身長なんです。。。ただ自分自身で背を低くしてしまっているだけです。女性の胸は前のめり「猫背」になることで胸のハリをなくしてしまっています。すぐに垂れてしまう可能性もありますので要注意です。いつまでもスタイルよくあり続けたいですもんね。)

・四十肩、五十肩を繰り返しおこしてしまっている可動域が悪すぎる。

(はい!その通り。パソコン肩「内肩」になってしまっている事で通常の方の動きができないため大きく動かすことができず少ない可動域の中で動かしているため肩甲骨が動いていません。肩甲骨を大きく動かす筋肉、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋この4つの筋肉をしっかりつかってあげないと,ここでも血行不良がおこり動かなくなってしまう事があります。)

このように「猫背」で損する事は多くても得するする事は一つもありません。そして猫背をしっかり良くして綺麗な姿勢を手にすることこそが健康への近道でもあります。

もう何十年も「猫背」で諦めているという方、諦めないでください猫背は改善します。ただ皆さん、そのやり方を知らないだけ。当院の「OTA式姿勢改善法」を試してみてください。きっと、あなたの快適な毎日がまっています。

before                                                                 after